税理士に相続相談


相続問題で悩んでいる人たちも相当いらっしゃるようです。実際に相続税申告は自分でも可能な場合とそうでない場合があると考えてください。現金、預貯金、有価証券などのみで構成されている相続なら、案外問題なくスムーズに行くかもしれません。そしてあなたが相続のために税務署や金融機関などに通うことが出来る時間が充分に存在していればいいのです。

しかし、それでも一人で相続問題を片付けるということは税務調査対応や追徴のペナルティのリスクを背負うことになるかもしれません。実際に現在相続問題を自身で片付ける人たちは多くいらっしゃるものの、正しく相続申告出来ている人たちはとても低いとも言えてしまうのです。計算に誤りがあった時には、申告日から最長7年間まで遡りをして税務調査で指摘されるリスクを負ってしまうことになります。税額の最大40%の重加算税、延滞税など支払いしなければならない確率も実を言えば相当高いのです

自営業をされている方などは所得税の確定申告を自身で経験されていらっしゃるでしょう。しかし相続は難易度がそれ以上とも言われています。ましてや、相続税に対して日々向きあっている訳ではありませんので、慣れていない初心者のような人たちがほとんどなのです。ですから相続相談するモチベーションを持つことも正しい方法なのですが、相続する税理士も相続に強い税理士とそうでない税理士がいると言います。 もちろん選択しなければならないのは相続に強い税理士です。